Loading...

HISTORY

チームの歴史

2007

関西学生Div.2 B 2勝3敗 4位

「2部で戦い抜けるチーム」へ さらなる組織力向上を誓った2007年であったが、2部上位チームの壁は崩せず、2勝3敗の4位でシーズンを終える。
ただ2年連続で3部との入替戦を回避し、「2部定着」のチームに成長を遂げていた。
-----------------
【関西学生Div.2 B】2勝3敗(4位)

主将:辻林

2007年 戦績

メンバー表

2006

関西学生Div.2 A 2勝2敗1分 4位

Div2での3年目、秋の初戦から和歌山大は大番狂わせを演じる。
03年までDiv1に所属し、Div2上位の甲南大に勝利まであと一歩という好ゲーム(14-14引分け)を演じた。
この勢いのまま残り試合も喰らい付きたいところであったが、京都産大と追手門学院大に惜敗し、結果は2勝2敗1分の4位でシーズンEND。

2000年の3勝に次ぐ好成績をあげ、「Div2で戦い抜けるチーム」へ 更なる組織力向上を誓った。
-------------------
【関西学生Div.2 A】2勝2敗1分(4位)

主将:三倉(#69 DT)
※Black&SilverからBlack&Orangeへカラー変更

2006年 戦績

メンバー表

2005

リーグ戦同率3位、Div3との入替戦に勝利し、Div2残留

「2部定着」へ向けてチーム力の向上を図った2005年。
秋のリーグ戦で桃山学院大・京都教育大に勝利し、Div2で2勝するも、同率3位の3チームが並ぶ形となり、抽選により残念ながらDiv3との入替戦が決定。
入替戦は大阪外国語大(現 大阪大)に39‐14で勝利し、Div2残留。
(12/4 於:長居球技場【現キンチョウスタジアム】)
------------------------
【関西学生Div.2 A】2勝3敗(3位)同率3位の3チームによる抽選で入替戦出場が決定
入替戦勝利・2部残留

主将:貝沼(#39 RB/SF/P)

2005年 戦績

メンバー表

2004

リーグ戦5位、Div3との入替戦に勝利し、Div2残留

2度目のDiv.2での挑戦となった2004年。
Div2常連チームとの力の差を見せつけられ連敗。何とか大阪経済大に勝利するも1勝4敗(5位)で終え、Div3との入替戦に出場。
阪南大に30‐14で勝利し、Div2残留。(12/5 於:王子スタジアム)
--------------------
【関西学生Div.2 A】1勝4敗(5位)
入替戦勝利・Div2残留

主将:八瀬(#4 LB/SF)

2004年 戦績

メンバー表

2003

リーグ優勝、入替戦に勝利し、Div2昇格!

創部20年目の節目となった2003年。リーグ戦を4勝1分けで終え、滋賀大と同率優勝を果たす。
11/22、滋賀大と入替戦出場決定戦は、前半の0‐12から盛り返し13‐12の僅差で滋賀大を下し、入替戦(vs大阪大)に望むこととなった。

入替戦は試合開始直後からリズムを掴み、QB柏原やRB貝沼らの活躍で37‐0の快勝。3年ぶりのDiv2復帰を果たした。
-----------------------
【関西学生Div.3 C】4勝0敗1分(優勝)
入替戦勝利・Div2昇格

主将:吉田(#57 OL/DL)

※創部20周年 祝賀会(於:サンピア和歌山)

2003年 戦績

メンバー表

2002

リーグ優勝、入替戦に出場するも敗れDiv3残留

「Div2復帰」が命題となった2002年の秋。2戦目の京都学園大に14‐16と足元をすくわれるが、4勝1敗でブロック優勝を果たし入替戦出場。

対戦相手は昨年苦杯を舐めさせられた関西外大。しかし、7-14の敗戦で雪辱ならず、Div2復帰はかなわなかった。
---------------------
【関西学生Div.3 C】4勝1敗(優勝)
入替戦敗戦・Div3残留

主将:川上(#82 WR)

2002年 戦績

メンバー表

2001

リーグ戦5位、入替戦に敗れDiv3降格

Div2での2年目となる2001年。監督にチーム初の生え抜きである大中氏(93年卒)が就任。一時は80名近いプレーヤーを抱えていたが、この年は40名を切る状態となっていた。秋季リーグ戦を1勝4敗(5位)で終え、Div3との入替戦に出場。

12/4の西宮球技場、対戦相手は関西外大。前半終了時の0‐14の劣勢から試合終了間際に14‐14の同点に追いつく。しかし、タイブレークの末に敗戦。2年ぶりにDiv3降格。
-----------------------
【関西学生Div.2 B】1勝4敗(5位)
入替戦敗戦・Div3降格

主将:安野(#34 RB)

2001年 戦績

メンバー表

2000

Div.2リーグの初舞台、堂々の3位

和歌山大にとってDiv2での初舞台となる2000年。前年度までDiv3のチームだったとは思えない戦いぶりを見せる。
緒戦の大阪大、2戦目の龍谷大にこそ破れたものの、3戦目の摂南大に22‐10でDiv2での初勝利を飾ると、続く岡山大・神戸国際大を下し、Div2昇格1年目にして3勝2敗の3位という好成績でシーズンを終える。
-----------------------
【関西学生Div.2 B】3勝2敗(3位)

主将:塩崎(#92 DT)

2000年 戦績

メンバー表

1999

入替戦に勝利し、念願のDiv2昇格を果たす!!

山田氏(神戸大OB)が監督に就任した1999年。リーグ戦で大阪経済法科大を21‐7で退けて昨年の借りを返し、4戦全勝でブロック優勝。
続く入替戦出場決定戦でも京都工繊大を40‐14の大差で破り、3年ぶり3回目の入替戦進出。
12/4の入替戦、相手は昨年までのライバルであった帝塚山大。前半にRB杉尾が先制TDし、21‐0での勝利。点数からは想像もつかない大接戦の末の勝利であった。(於:西宮球技場)

創部16年目、リーグ加盟11シーズン目にして初めてのDiv2昇格を果たすこととなった。
----------------------
【関西学生Div.3 E】4勝0敗(優勝)
入替戦勝利・Div2昇格

主将:寒川(#21 CB)

1999年 戦績

メンバー表

1998

関西学生Div.3 E 2勝1敗1分 3位

和歌山大にとって関西学生リーグで10シーズン目となる1998年。リーグ戦2試合目の帝塚山大戦で辛くも引き分けるも、続く大阪経済法科大戦で逆転負けを喰らい、ブロック優勝を逃す。和歌山大は3位とであったが、優勝した帝塚山大は入替戦に勝利し、Div2昇格を果たす。
----------------------
【関西学生Div.3 E】2勝1敗1分(3位)

主将:荒石(#51 DT)

1998年 戦績

メンバー表